トップ / 事故に遭ったら弁護士に

交通事故と弁護士

事故に遭ったら弁護士に

交通事故の示談交渉には弁護士を代理人に

交通事故に遭って怪我を負った場合は被害者は損害賠償金を加害者に請求することができますが、その受け取りは加害者が加入している保険会社のスタッフとの示談交渉の末、金額が決まるため弁護士を代理人に立てて示談交渉を任せるのが賢明です。なぜなら加害者が加入している保険会社のスタッフは交通事故の示談交渉に詳しいので、被害者本人が交渉しては被害に応じた示談金で成立しない可能性が高いためです。人身事故の示談交渉に強い弁護士を代理に立てることによって被害に応じた示談金を得ることができます。

↑PAGE TOP