トップ / 破産したら弁護士に相談を

会社破産は弁護士に

破産したら弁護士に相談を

会社破産を決断したら弁護士へ

銀行をあちこち駈けずりまわって、何とか資金を工面しようと思ったけれど、結局うまくいかずに、会社破産をするしかないという状況になったら、信頼できる弁護士のもとに行くようにしてください。親身になって相談にのってくれますし、一番良い方法を考えてくれるので、頼りにするようにしましょう。破産手続に悪いイメージを持っている人は多いですが、無理矢理経営を続けても、家族や従業員、取引先などに迷惑をかける一方となり、もっと悪い状況に陥ることがあるので、会社破産は早めに決断することが大切です。

会社破産の弁護士の役割

会社は、順調に利益が出ていても資金繰りに行き詰まれば破産することがあります。経営者の仕事は経営全般ですが、中でも会社の存続を左右する資金繰りは、順調なときは負担になりませんが、行き詰まると仕事の大部分を占めてしまうようになります。 会社破産か、再生が可能かは行き詰まったときの資金繰りのかじ取りにあるといっても過言ではありません。 そんな時、弁護士が間に入ることで支払い条件を延期したり分割にするなどで、破産を回避できることもあります。 相談をするときは、ほかの選択肢がないかを合わせて相談することが効果的です

↑PAGE TOP