トップ / 士業の役割と相談内容

士業についての詳細

士業の役割と相談内容

法人組織の士業も増えています

士業と言うと、弁護士を始め、個人で開業している人が多い印象を受けます。しかし、最近は法人組織で仕事をしている人も増えています。この法人組織というのは、弁護士法人とか税理士法人と呼ばれるもので、多人数で年齢層も幅広く、より多くの案件や大きな案件を請け負うことが出来るのがメリットです。また、他の士業の人が加わることもあります。たとえば弁護士法人の場合、隣接法律専門職といわれる司法書士や、社会保険労務士が法人で共に仕事をすることもあります。

↑PAGE TOP