トップ / 日本の法律の事について

法律とアメリカの話

日本の法律の事について

法律はアメリカの影響かも

憲法は最高法規なので、日本のすべての法律は憲法をもとにしてできています。そして、憲法は第二次世界大戦で日本がアメリカに敗れたときに、アメリカの指導者の指示で作られたものです。そのため、影響はかなり受けていると言えます。それが良いことなのか、悪いことなのかはわかりませんが、憲法が改正されていくのだとしたら、今後大きく法律が変わっていく可能性もあります。しかし、憲法の改正には大きなハードルがありますので、そう簡単に大きな変化は起きないでしょう。少なくとも、憲法だけはすべての人が学んでおくべきだと思われます。

アメリカの制度は民間人寄り

公的な機関が活動を滞りなく進めたいがために制定される条文が少なくない一方で、民間人の現状に寄り添うものも制定されます。アメリカは当該傾向が強いので、個人の考えが正しいかどうかを明らかにすることを目的に法律の活動を始めやすいです。さまざまな手続きを完了させる必要があるものの、支払うべき費用が少ない点が他の地域と違うと言えます。予算があまり多くなくても相手方と決着を付けられるので、アメリカの民間人は法律行為に臨むまでの障壁が低いです。司法の場が身近に感じられる地域ですから、誰も彼もが訴えを提起する傾向があります。

↑PAGE TOP